福岡市

荒津オイルセンター(福岡市中央区)の釣り場情報

荒津オイルセンターのポイントマップ

荒津オイルセンター(別名、荒津シーバース)は、福岡県でも有数の桜の名所として知られる、西公園の北側に位置する、岸壁が中心の釣り場です。

荒津オイルセンターは、その名のとおり、石油の荷揚場が数多くあるため、福岡都市高速の高架下より海側のエリアは全て「火気厳禁」となりますので、喫煙マナーには気を付けましょう。

また、東側には荒津大橋の橋脚へと向かう防波堤、北側には赤灯台のある防波堤がありますが、こちらは立ち入り禁止となっていますので、ご注意ください。

荒津オイルセンターの場所

※地図は拡大、縮小、移動が可能です。
※住所:福岡県福岡市中央区荒津付近

荒津オイルセンターへのアクセス方法

荒津オイルセンターへは、長浜、天神方面から行く場合は、那の津通りの「港町」交差点を海側(都市高速のある方)へ曲がります。

荒津オイルセンターへの行き方

こちらは、長浜側から見た、港町交差点です。左角にローソン、右角に西日本シティ銀行がありますので、ここを右折します。

荒津オイルセンターへの行き方

しばらく道なりに進むと、左にガソリンスタンド、右にファミリーマートのある「給油センター」の交差点があります。ここをそのまま都市高速の下を通り、直進すると、荒津オイルセンターに到着です。

ただし、給油センターの交差点から直進で進入できるのは、本来は「関係者のみ」となっており、進入禁止の標識が掲示されています。釣り目的の場合は進入しても咎められることはありませんが、気になる方は直進せずに左折し、1つ目の信号「防災センター前」から右折で進入するようにしましょう。

荒津オイルセンターで釣れる魚

荒津オイルセンターで釣れる魚は、チヌ(クロダイ)、クロ(メジナ)、シーバス(スズキ)、メバル、サゴシ(サワラ)、タチウオ、コウイカなどです。特に、フカセや落とし込みファンからはチヌの1級ポイントとして知られているほか、ウキ釣りでのメイタやコッパグロの数釣りにも最適です。

また、夜間でも照明が灯っているため、ルアーでのシーバス狙いの実績も高く、秋ごろのシーズンにはメタルジグを使ったサゴシ狙いもおすすめです。

荒津オイルセンターのポイントマップ

荒津オイルセンターでの釣り方と釣り物

  • フカセ釣り、落とし込み釣り…チヌ、セイゴ
  • ウキ釣り…メイタ、クロ、メバル
  • ルアーフィッシング…シーバス、メバル、サゴシ、タチウオ
  • エギング…コウイカ

荒津オイルセンターの水深は、東側~北側岸壁で5m前後、西側岸壁で2m前後です。

荒津オイルセンターの釣れる時期

荒津オイルセンターの釣れる時期